汎用HSMのnShieldファミリー

nShieldハードウェアセキュリティモジュール(HSM)は、暗号および署名キーの生成、デジタル署名の作成、データの暗号化など、安全なソリューションを提供します

nShield 汎用HSM

nShieldハードウェアセキュリティモジュール(HSM)は、安全な暗号化処理、鍵の生成および保護、暗号化などのために、改竄されにくい環境を提供します。3つのFIPS 140-2証明書で利用可能なnShield HSMは、様々な実装シナリオをサポートします。

強力なアーキテクチャ

全てのnShield HSMは、nCipherに固有のSecurity Worldアーキテクチャと統合します。 この実証されたテクノロジーにより、別のnShield HSMモデルを組み合わせて、スケーラビリティ、シームレスなフェールオーバー、負荷のバランシングを実現する統一したエコシステムを築くことができます。

パフォーマンスと多用途性

nShield HSMでは、特定のパフォーマンス要件を満たすために必要なものだけを購入することができます。nShield ConnectおよびSoloには3つのモデルがあり、様々なレベルのパフォーマンスを提供します(業界最高のトランザクションレートを誇る広範なECCオプションなど)。

プロプラのアプリケーションやデータを保護する

nShield ConnectおよびSolo HSMは、単に貴社の重要な鍵やデータを保護するだけではありません。重要なアプリケーションを実行するセキュアな環境も提供します。CodeSafeオプションにより、nShieldの境界内でコードを実行し、貴社のアプリケーションや貴社が処理するデータを保護します。

公開鍵インフラ

nShield HSMは、ルートキーおよび認証局(CA)キーを生成・保護し、様々なユースケースでPKIをサポートしています。

コード署名

nShield HSMは、貴社のアプリケーションコードに署名するため、ソフトウェアが安全で、改竄されておらず、正統なものであることを確認できます。

デジタル証明書

nShield HSMは、IoTアプリケーションやその他のネットワーク実装に際し、専用の電子デバイスを認証、承認するため、デジタル証明書を作成します。

ホワイトペーパー : nCipher Security Worldのアーキテクチャ

nCipher Security Worldのアーキテクチャは、汎用ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)のnShieldファミリー全体にわたる特殊な鍵管理のフレームワークをサポートします。 高パフォーマンス、共有可能、ネットワークに付随したHSMアプライアンス、ホスト埋め込み型HSMカードやUSBが付属したポータブルHSMの実装でも、Security Worldのアーキテクチャは、管理者とユーザーの統一された体験、保証された相互運用性を提供しています。

ダウンロード

ホワイトペーパー : エンタープライズとマネージドサービスプロバイダーの重要な隔離

暗号鍵に頼るどの企業にとっても、安心して鍵を使用でき、実行可能なポリシーを持つことが重要です。nShieldのハードウェアセキュリティモジュール(HSM)がその安心を実現します。nShield HSMファミリーがサポートするSecurity World鍵管理のフレームワークにより、組織は現在のダイナミックで流動的な要件を満たす構造化した鍵インフラを創造します。

このホワイトペーパーは、パーティションと複数テナンシーの暗号鍵隔離戦略の両方ができるフレームワークを定義するため、Security Worldを簡単に設定できることを説明します。

ダウンロード

データシート : CodeSafeデータシート

CodeSafeは、ソフトウェアツールのセットで、nShield HSM内のセキュアな実行環境でアプリケーションを実行できます。

ダウンロード

データシート: nShieldリモート管理

nShieldリモート管理は、一元化された管理ツールで、地理的に分散したnShield HSMを現地オフィスから管理することができます。

ダウンロード

データシート: nShield Monitor

nShield Monitorは、毎日24時間、一か所の一元化されたロケーションから全てのnCipher HSMをモニターできるツールです。

ダウンロード

データシート: ウェブサービス・オプションパック

このAPIを使用して、統合を削減し簡素化することができます。クラウド、データセンターまたはオンプレミスのアプリケーション間のnShield暗号化サービスを提供します。

ダウンロード
nCipherのチームに参加しませんか? 詳しく見る
スペシャリストに連絡する お問い合わせ