nShield Connect HSMs

nShield Connect HSM は、ネットワーク上のアプリケーションに 暗号化サービスを提供する FIPS 認証済みアプライアンスです。 耐タンパのプラットフォームで、認証局やコード署名、 カスタムのソフトウェアなどを含む非常に幅広いアプリケーション上で、 暗号化やデジタル署名、鍵の生成と保護などの機能を実行します。

nShield Solo - PCIe型のサーバー組込み用HSM

nShield Solo ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)は、 サーバやアプライアンス上でホストされているアプリケーションに 暗号化サービスを提供する、FIPS 認証を受けたロープロファイルの PCI-Express カードです。耐タンパ性のあるカードであり、認証局や コード署名、カスタムのソフトウェアなどを含む非常に幅広い アプリケーション上で、暗号化やデジタル署名、鍵の生成と保護などの 機能を実行します。

nShield Connect -スケーラブルで高パフォーマンスのHSM

nShield Connect HSM は、ネットワーク上のアプリケーションに 暗号化サービスを提供する FIPS 認証済みアプライアンスです。 耐タンパのプラットフォームで、認証局やコード署名、 カスタムのソフトウェアなどを含む非常に幅広いアプリケーション上で、 暗号化やデジタル署名、鍵の生成と保護などの機能を実行します。

nCipher-Securityについて

nCipher Security の暗号化ソリューションは、IoT や ブロックチェーン、デジタル決済などの新進のテクノロ ジーを保護します。また、慎重に扱うべきデータやネッ トワーク通信、エンタープライズインフラストラクチャ への脅威を防御するためにグローバル組織が現在より どころとしているものと同じ実績あるテクノロジーに より、新たなコンプライアンス規定を満たすことが可 能となります。nCipher では、オンプレミスとクラウ ドの両方を含めた、お客様のビジネスクリティカルな アプリケーションに対する信頼を実現することにより、 データの正確性を保証し、お客様自身が今後も常にデー タを完全に統制できる環境を整えます。

CodeSafe - セキュアな環境でのコード実行

CodeSafeは、FIPS の認証を受けた nShield HSMの耐タンパ境界の中で、 開発者による慎重に扱うべきアプリケーションの作成・実行を 可能にするツールのセットです。セキュアな実行環境で動作する アプリケーションでは、データを暗号化・復号化・処理できるほか、 アプリケーションの鍵の利用を支配するポリシーを HSM で 強制することによるメリットも得ることができます。

2019 世界の暗号化 動向調査

今回の調査は、14 の国と地域のさまざまな産業分野にわ たる 5,856 名を対象に実施しました。オーストラリア、ブ ラジル、フランス、ドイツ、インド、日本、メキシコ、中 東(サウジアラビアとアラブ首長国連邦での回答を合わせ たもの)2 、ロシア、韓国、英国、米国に加え、新たにア ジアの 2 つの地域として、東南アジア(インドネシア、マ レーシア、フィリピン、タイ、ベトナム)、香港・台湾で も調査を実施しました

この調査の目的は、ここ 14 年間で暗号化の利用がどの程 度進展し、暗号化技術が組織のセキュリティ態勢にどのよ うな影響を及ぼしているのかを考察することです。

暗号化動向調査は 2005 年に初めて実施され、当時は米国 の回答者がサンプルとして抽出されました。3 その後、調 査の対象が拡大され、世界のすべての地域の回答者が含め られるようになりました。

図 1 に示すように、2015 年以来、全体的な暗号化戦略 の導入が着実に増加しています。今年は、「全社的に一貫 して適用される全体的な暗号化計画がある」と答えた回答 者が全体の 45%、「特定のアプリケーションおよびデータ タイプに適用される限定された暗号化計画または戦略があ る」と答えた回答者が 42% に上ります。

を購読
nCipherのチームに参加しませんか? 詳しく見る
スペシャリストに連絡する お問い合わせ